Question: デノサマブはどのように排泄されていますか?

モノクローナル抗体薬物動態学に基づいて、デノサマブは網膜濾過および排泄を伴う網状膜皮系によって除去される可能性が最も高い。デノサマブの排泄半減期は32日であり、末端半減期は5~10日です。デノサマブは骨に組み込まれていません。

デノサマブの作用機様式は何ですか?

デノサマブ、最近承認された治療法は、Cytokine RANKL(NFκBリガンドの受容体活性化因子)に結合する完全ヒトモノクローナル抗体です。骨の代謝回転を開始する要因。 RANKL阻害は破骨細胞の成熟、機能および生存を遮断し、したがって骨吸収を減少させる。

デノセマブはどのくらいシステムに滞在していますか?

Proliaからの副作用は数日しか続くことがありますが、数ヶ月続くことがあります。薬は最大6ヶ月間あなたの体内に滞在できるので、Proliaの最後の投与量の後に依然として何らかの副作用が発生する可能性があります。

Proliaの作用のメカニズムは何ですか?

Prolia®ブロックRANKLは予防を防止します破骨細胞の表面上のランク受容体との結合とそれらの前駆細胞阻害は、破骨細胞が骨表面に成熟しているかまたはさえさえさえさえさえも抑制されるのを防ぎます。 RANKL /ランクの相互作用を防ぐことによって、Prolia®は皮質骨吸収の両方を減少させます。

デノサマブの作業を開始するのはどのくらいかかりますか?

応答と有効性。最大プロリア濃度は注射の10日以内に達成され、プロオリアのレベルは4~5ヶ月かけて減少した。 Proliaは、脊椎骨折の危険性を4.8%、股関節骨折、0.3%、および非逆骨折を1.5%減少させた。

Join us

Find us at the office

Piddington- Assefa street no. 27, 41647 Brasília, Brazil

Give us a ring

Cira Dakota
+51 640 328 262
Mon - Fri, 11:00-17:00

Contact us