Question: 焼入れ熱処理とは何ですか?

急冷熱処理中に、材料を適切な温度まで加熱し、次いで油中で完全に硬化させて、鋼の種類を伴う。これを通過する項目は、所望の安定性を達成するために和度、焼戻しまたはストレスを緩和した。

焼入れと焼戻しとは何ですか?

消光および焼戻しは、鋼および他の鉄系合金のような材料を強化する工程である。これらのプロセスは、水、油、強制空気、または窒素などのガスを同時に冷却しながら、材料を加熱することによって合金を強化する。

消光プロセスとは何ですか?

急冷は高温で金属の浸漬です。再結晶相を上回り、続いて特定の望ましい材料特性を得るために急速冷却プロセスが続く。 ...焼入れはまた、合金とプラスチックの両方の靭性を高める。急冷またはクエンチ焼入れとしても知られていてもよい。

金属熱処理における急冷の概念は何ですか?

急冷は、冷却過程を劇的に防止するために熱処理後の室温に金属を室温に戻す迅速な方法です。金属の微細構造を変える。金属労働者は熱い金属を液体または時には強制空気に配置することによってこれを行う。

なぜ水αよりも焼入れが良好であるのか?

オイルが好ましいそれはより均一かつより早く冷却金属による歪みや割れのリスクを減らすので、水の伝統的な急冷媒体には、急冷後、焼入れの後に焼入れが行われます。これは急冷されます。それを最も硬い状態にするための金属の。 ...より高い焼戻し温度は、硬さの低下をもたらし、弾性および塑性の増加のためのいくつかの降伏強度および引張強度を犠牲にする傾向があります。

消光の目的は何ですか?

材料科学、焼入れは特定の材料特性を得るための水、油または空気中のワークピースの急冷。一種の熱処理、焼入れは、相変態などの望ましくない低温プロセスを妨げる。

なぜ急冷後の人々の気分はなぜですか?

急冷後、金属は非常に硬い状態にあるが、脆い。鋼は硬さのいくつかを減少させ、延性を増加させるように緩和されています。これらの方法の組み合わせは、特定の用途に必要な特性を有する鋼を製造する。 ...

硬化後に焼戻しを好むのはなぜですか?

硬化後の鋼の焼き付けは必須です。これは、マルテンサイトである新しいフェーズが作成されたためです。 ...鋼は溶液に入ってマルテンサイトに変換する適切な量の炭素存在を有する。プロセス(オーステナイト化)温度が達成された。

アニーリングの段階は何ですか?

材料の温度が上昇するにつれて進行するアニーリングプロセスの3段階は、回復、再結晶、および粒成長です。< z>

Join us

Find us at the office

Piddington- Assefa street no. 27, 41647 Brasília, Brazil

Give us a ring

Cira Dakota
+51 640 328 262
Mon - Fri, 11:00-17:00

Contact us