Question: 妊娠中はどのような湿疹クリームが安全であるのですか?

穏やかで中程度、強力な局所ステロイドはすべて妊娠中に最大2週間の短い治療バーストで使用するのが安全です。あなたの湿疹が非常に深刻になるならば、皮膚科医の専門世話の下で処方された他の治療法の選択肢も利用可能です。

妊娠中に湿疹のために使用することができますか?

ほとんどの場合、妊娠誘発湿疹は制御することができます保湿剤と軟膏。湿疹が十分に深刻であるならば、あなたの医者はあなたの肌に適用されるステロイド軟膏を処方するかもしれません。局所ステロイドは妊娠中に安全であるように見えますが、どの懸念についてもあなたの医者に話します。

妊娠は湿疹を悪化させる?

妊娠効果eczemaは人から人とは異なるように湿疹が異なります。女性の約25パーセントが症状の改善を見るのは、50%以上が症状が悪化することに気付くでしょう。妊娠中に湿疹が改善されても、女性は出産後に再び湿疹が再び飛び出していると感じています。

妊娠中のどのような反口蓋クリームが安全ですか?

ベナドリルクリームまたは錠剤、1%のヒドラシオルゾンクリーム、カラミンローション、そしてアビーンオートミール浴。徴候:毒VY / OAK / SUMAC、昆虫の咬傷、鶏痘の発疹などの多くの小さな皮膚刺激に関連する痒みと痛みの迅速な一時的な緩和を提供します。

妊娠中は湿疹のステロイドクリームを使用できますか?

穏やかで中程度の強力な局所ステロイドは、妊娠中に最大2週間の短い治療バーストで使用するのがすべて安全です。あなたの湿疹が非常に深刻になるならば、他の治療法の選択肢も皮膚科医の専門家の世話をしています。妊娠中の女性は、薬局から購入したハイドロコルチゾンクリームを妊娠で使用することができます。あるいは母乳育児をしている間。予防措置として、あなたが母乳育児であれば、あなたの赤ちゃんを養う前にあなたの胸を置くクリームを洗い流してください。ヒドロコルチゾン酪酸塩は通常妊娠中または授乳中の女性には推奨されません。

妊娠中の抗ヒスタミンクリームを使用できますか?

回答抗ヒスタミン薬は妊娠中に使用できないと考えられています。潜在的な第2世代の抗ヒスタミン薬には比較的少ないデータがあります。しかし、公開された研究は安心しています。

Join us

Find us at the office

Piddington- Assefa street no. 27, 41647 Brasília, Brazil

Give us a ring

Cira Dakota
+51 640 328 262
Mon - Fri, 11:00-17:00

Contact us