Question: 亜鉛メッキ鋼は?

溶接することができる

要約亜鉛めっき溶接できますか?

A:亜鉛メッキ鋼板を溶接することは行うことができますが、具体的な予防策が取られるべきであるが。亜鉛めっき鋼板は、アークが溶接されている場合には、アーク溶接の熱が溶接領域にコーティング亜鉛を蒸発させる。

亜鉛メッキ鋼板を溶接するだけで健康リスク以外の問題を提起することができますか?

亜鉛メッキ鋼板を溶接します。亜鉛メッキ鋼で見つかった亜鉛コーティングは、溶接性を損なうことができます。コーティングは、浸透がより困難になり、介在物や空隙率を持っているために、溶接を引き起こす可能性があります。溶接部のつま先で融合の欠如は、

である亜鉛めっきされた。また、一般的であり、同じ?

亜鉛メッキ鋼と亜鉛メッキ鋼機能亜鉛の保護層の両方を亜鉛メッキ。 ...主な違いは、亜鉛めっき鋼は、典型的には、ホットディップ法を使用して作成され、一方、亜鉛メッキ鋼は、電流を使用して作成されることです。ホットディップ法は、加熱し、溶融亜鉛を含むことによって、その同名まで住んでいます。

は、亜鉛めっき鋼板を溶接するための最良の方法は何ですか?

は、亜鉛めっき鋼板の場合は、おそらく最良の方法である溶接機の標準的なアークはアーク溶接であるため、汎用性、および交流電流はすぐにフラックスを溶かすことができ、良好なアークを作成することができます。アークは時々溶接してフラックスを作成するので、可能な場合は、作業の外にしたいことがあります。

Join us

Find us at the office

Piddington- Assefa street no. 27, 41647 Brasília, Brazil

Give us a ring

Cira Dakota
+51 640 328 262
Mon - Fri, 11:00-17:00

Contact us